この記事は約 3 分で読めます ( 約 1404 文字 )

【本記事の概要】

本記事では、「さおふねソフト」様の「箱庭世界の女騎士」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

■ゲーム仕様・方向性

セクハラしまくって女騎士の反応を楽しむセクハラ特化型RPGです。移動中・戦闘中・会話中、どんな時でもセクハラできます。

長いオープニングや複雑なシステムなどはなく、敷居の低いプレイ環境を目指して製作しています。

プレイ時間約1時間
エンディング数2パターン
立ち絵1枚 差分含めて17枚
基本CG18枚 差分含めて70枚
エロシーン18シーン

■システム

  • 戦闘
    敵に話しかけるだけ、オシェリーのレベルが敵のレベルと同じかそれ以上の場合、無傷で倒す事ができます。
  • セクハラ
    メニューで『特技&セクハラ』→『王子のセクハラ』を選択し、セクハラスキルを使用するとオシェリーにセクハラする事ができます。更に、道中にある『チャーム床』を踏んだり『サキュバス風俗店』を利用する事で淫乱値が上昇し、増やしていくとセクハラスキルが過激なものへと変化していきます。
  • 神頼み
    万が一、HPの回復手段がない場合、隠れ家の隣のマップに置いてある女神像に『神頼み』をする事でHP・MPを全回復する事ができます。他にも敵の配置やオシェリーの淫乱値をリセットする事ができます。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

ゲームクリアまでプレイしました。プレイ時間は1時間弱です。淫乱度は110まで上げました。

<このゲームについて>

亡国の王子である主人公が連れで護衛の女騎士にセクハラをしながら王家の秘宝を探すゲームです。

<戦闘について>

敵に話し掛けるだけで終了です。自分のレベル≧敵のレベルならノーダメージで進め、それ以外の場合だとダメージを受けます。「一週間戦争」のグゼイド編に似たものを感じました。こちらは接触するだけで敵を倒すゲームですが、どのように敵を蹴散らすかといった面で頭を使う点が共通してります。

<Hシーンについて>

女騎士に対するセクハラは「セクハラ発言」、「胸を揉む」、「尻を触る」、「目の前でオナニー」、「アソコを愛撫」、「フェラチオ」、「オナニーさせる」が挙げられます。その他にも売店の女の子やサキュバスとHするシチュエーションもあったりします。

<総括>

管理人はRPGの醍醐味は戦闘にあると自負している程度なので、当初は「戦闘を話しかけるだけで終わらせるゲームとはいかがなものか」という思いでプレイしていましたが、結論から言うとこれはこれで面白いです。どのような順番で敵を蹴散らすかを考えたり、覚えられるスキルが2択のどちらにするべきか悩んだりと意外と頭を使います。

ユーザビリティの面では、あらすじやマップ名の表示といった機能がないので長時間プレイ間隔を開けると何をすべきかわからなくなる可能性がありますが、プレイ時間はさほどかからないようなので特に問題はないでしょう。マップは途中にトラップワープがありそれで迷う可能性がありますが、さほど迷わずに帰還できる程度でした。

エロシーンも面白く、かなり遊びやすいので戦闘が苦手な方にも手軽に遊べるゲームだと思います。

【公式サイト】

さおふねソフト

【ゲームの入手先】

「DLsite」で「箱庭世界の女騎士」を購入

「DMM」で「箱庭世界の女騎士」を購入

【SSGの入手先】

「箱庭世界の女騎士」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.3