この記事は約 3 分で読めます ( 約 1767 文字 )

ソナビア-SonabiA-

【本記事の概要】

本記事では、「えのきっぷ」様の「ソナビア -SonabiA-」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

■あらすじ

魔術師の塔と呼ばれる教育機関で魔術の勉強をする少女ソナ。しかしある時、彼女の友人と共に淫魔のラビアを召喚して塔を破門されてしまう。

魔術師の塔の責任者であり育ての親でもある大婆様に再び認めてもらうため、淫魔と共に魔術師を目指すため様々な困難に立ち向かう少女の物語。

■内容

  • 基本HCG47枚 Hイベント57シーン。
  • 異種姦と対人間とのCG比率は3:1程です。(一部対人イベントにおいて脱衣状態等が反映される差分があるので対人シーン数はCG比率より多めです)
  • ほとんどのモンスターにおいて各々専用の敗北Hイベントが存在します。
  • 中には主人公を死に至らしめるようなハードなものもありますので苦手な方はご注意ください。(CGで直接的に切断断面や臓器露出などはございません(擦り傷や傷跡、捕食やボテ腹等があります))
  • また、全体的にシナリオはシリアスになっています。

■基本システム

  • 戦闘中のHP残量に比例して服の状態が変わるシステム。
  • 敗北するほど主人公「ソナ」の能力が向上するシステムになっています。しかし、敗北レイプされ性経験を積むほどに、ソナの心の状態は汚れ、限界が来るとゲームオーバーになってしまいます。(ゲーム内には汚れを浄化するアイテムがあります)
  • 敵のドロップアイテムで魔術書を制作する事によって新しいスキルを覚えれます。
  • ゲームクリア後HCG・シーン回想ルームが開放されます。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

体験版の限界までプレイしました。製品版購入後は未プレイです。

<戦闘について>

エンカウントシステムはシンボルエンカウントで、戦闘ビューは立ち絵付きフロントビューです。

雑魚敵の強さは通常攻撃で確2~確4で倒せる程度ですが、(意外と強いのでびっくりしました。)その間に受けるダメージが非常に大きいので倒す場合は魔法で早めに倒したほうがよさそうです。(最初のダンジョンの雑魚敵が水棲系なのに覚えている魔法が火属性なので、最初うちは通常攻撃の方が与ダメは高いかもしれません。レベルが上がると雷属性の魔法を覚えます。)

今作も残りHPに応じて立ち絵が変わるアーマーブレイクシステムが導入されています。今回はHPを1割未満まで削られることがしばしばありましたが、胸が見えるかどうかという程度にとどまりました。どうやらほぼ全裸という段階までは剥がれないようです。

<敗北しHな目に遭うことで成長するシステム>

雑魚敵に敗北するとHシーンに突入します。5回ほど見ました。内訳は以下の通りです。

魔物回数
キャンサー2
サハギン1
シーワーム1
スライム1

上昇した能力値は以下の通りです。

能力上昇値
最大HP150
最大MP150
攻撃力8
防御力2
精神力8
魔法防御2
敏捷性2

以上のことから以下のことがいえそうです。

能力1回あたりの敗北Hによる上昇値
最大HP30
最大MP30
攻撃力魔物によって異なる
防御力
精神力
魔法防御
敏捷性

HPとMPが驚異的なスピードで成長するのが魅力的ですが、レベルを上げないと自力取得可能なスキルを覚える事ができず、あまりに敗北し過ぎると心が壊れてゲームオーバーになるため勝利と敗北のバランスが重要です。

敗北H後にHP、MP共に全回復しますが、厳密に言うと全回復→補正値追加の順に処理しているようなので全回復ではありません。

ちなみにボス戦で負けるとゲームオーバーになります。なのでボス戦に到達するまでには弱点をつけるスキルを覚えておきたいところです。こういった点からも勝利と敗北のバランスが重要だと言えます。

<総括>

敗北Hによるドーピングシステムはなかなか面白いシステムだと思います。しかし、勝利と敗北のバランスが非常に重要なので適当にプレイしたら詰む可能性がありそうです。プレイ方針をしっかりと決めてからプレイしていきたい作品です。なかなか面白そうな作品だと思いました。

【公式サイト】

えのきっぷのBlog

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「ソナビア -SonabiA-」を購入

【SSGの入手先】

「ソナビア -SonabiA-」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.06b