この記事は約 5 分で読めます ( 約 2661 文字 )

処女を守る魔法

【本記事の概要】

本記事では、「セアロソンク」様の「処女を守る魔法」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

主人公ジッタは魔女を目指す女の子。修行のために街の人たちの頼みを聞いたり、先輩魔女に指導されたり、魔法の秘薬を探索しながら成長していきます。でも、魔女の儀式やお作法はなんだかちょっとエッチなものばかり。一応師匠から処女を守るための魔法は教わったけれど、果たしてジッタは純潔を守ったまま魔女になれるのか?それとも淫乱魔女を目指すのか――それはプレイヤーの選択次第。

本作は、いわゆる“美少女が主人公で犯られちゃう”RPGです。女主人公エロRPGでは主人公はプレイヤーのアバター(分身)ではなくプレイヤーの“嫁”――プレイヤーの操作で色々させて、敢えて危険な目(性的な意味で)にも遭わせてニヤニヤしたり、エロい目に遭うのを見てシコシコするのが醍醐味!という哲学の元、ヒロインはさまざまなエッチなイベントを体験していきます。

■タイトル通りの『処女を守る魔法』が実際にゲームに登場!

処女膜を魔法でガードという、処女厨なら誰でも一度は妄想しそうな変態仕様を真っ正面からガッチリ具現化! ゲームシステムに組み込まれているので、ヒロインがいつどうやって処女を失うかはプレイヤーであるアナタ次第。

ただし、1回挿入を防いだら効果は終わり。絶頂したり気絶しても魔法解除!セクハラ攻撃で魔法を破られ、そのまま敗北イベントで処女喪失なんてことも……。

もちろん使わなくてもゲームは進められるので、とっとと処女捨ててエッチしまくりのビッチプレイも可能。

■QTEシステムで戦闘中のHシーンをスリル満点に演出!

全裸で戦闘していると敵が簡易アニメーションのセクハラ攻撃!軽いお触りから始まって終盤では戦闘中に本番レイプしてくることも!

もちろん敗北イベントも完備! 戦闘に負けてもやっぱりレイプ!

さらにHシーンの危機感を演出する“QTE(クイックタイムイベント)システム”を導入!挿入の直前から完全に入ってしまうまでの間、ヒロインは必死の抵抗を試みる。左右連打で脱出ゲージを溜めて切り抜けろ!

システム設定を変更すれば、凌辱者視点でQTEをプレイ可能。素早い連射でヒロインの抵抗を封じ込め!

面倒臭ければ設定で「無抵抗」を選んでQTEなしでイキナリ犯られちゃうこともできるのでせっかちさんでも安心。

■処女プレイとビッチプレイの両対応を目指した設計!

言うまでもなく処女クリア可能。というか、このタイトルで処女クリアできなかったら詐欺だよねw

もちろんビッチプレイでも楽しめる。本番シーンすべてに破瓜差分を用意することで、どの時点で処女喪失してもできるだけエロさが変わらないように配慮!

「膜なんて飾りですよ。エロい人じゃないとそれがわからんのです」

という向きもご安心を。

コスチュームブレイク、『処女を守る魔法』、QTEの3重の防衛ラインをコントロールすることで、Hイベントに対してどれだけリスクを受け入れるかプレイヤーが好みの危うさに調整できる設計。破瓜寸前まで追い込んでギリギリで回避させてもよし、そのままパックリ咥え込んでもよし!ヒロインの運命はプレイヤーの手に委ねられている!

■ちょっとした配慮とか

片手プレイ対応。方向+2ボタンでほとんどの操作ができるので、12ボタンパッドにうまく操作を割り当てれば、左手にゲームパッド、右手に己自身のジョイスティックという体勢でプレイ可能。

バックログ、スキップももちろん搭載。常時ランにも対応。「通常時走る・ボタン押下中歩く」と「通常時歩く・ボタン押下中走る」を設定で選択可能。

ヒントコマンド搭載。エロRPGは寄り道こそ本筋! とはいえエロイベント探しやセーブ/ロードの繰り返しで、 メインストーリーの行き先がわからなくなりがち。そんな時でもメニューからいつでも次やること行く場所が確認できる!

■ボリューム

CG枚数基本CG:36枚 差分総数:839枚(イベントスチルのみ) (※立ち絵・セクハラアニメーションパターンを除く)
回想枠イベント:75 + セクハラ:17 + 敗北レイプ:34 = 合計:126
想定プレイ時間8~10時間 ストーリー全5章構成(序章、エピローグ除く)

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

第1章で吹き出しのついた依頼を全てこなし、脱がし魔イベントのボス戦のところまでプレイしました。

<スキルについて>

軟膏を作って覚えるものと魔導書で覚えるものがあります。軟膏を作って覚えるものは魔物のドロップアイテムを合成することで、軟膏を作り使用することで覚えます。(←全裸で塗るのでHCGあり)魔導書で覚えるものは魔導書を購入し覚えます。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はおそらくマップ移動です。街道を歩いている限りでは余程敵が街道に近づいていないかぎりエンカウントすることはありません。

戦闘ビューは立ち絵付きフロントビューです。トップス、ボトム、ブラ、ショーツの4つの装備に耐久度が割り当てられており、耐久度が減っていくにつれて露出度が高まっていきます。

また、全裸になると敵が性的攻撃を仕掛けてくるようになります。性的攻撃を受けると感度というかTPがのようなものが上がっていき溜まれば溜まるほど攻撃の威力が増えるらしいですが、満タンになると逆に絶頂してしまい不利になるようです。この値をいかにコントロールするかが戦術として求められることもあるでしょう。

雑魚敵との戦闘

街から離れるにつれ敵の強さが増していきます。よって最初のうちは街周辺の敵を倒して経験値稼ぎをして、余裕が出てきたら奥に進むことをおすすめします。

ボス敵との戦闘

事前にしっかりと準備をしないと勝利することは難しいと思います。

<総括>

かなり作りこまれている印象を受けた作品です。かなりのクオリティだと思います。戦闘の難易度や金策の難易度は若干高めに感じましたが、じっくりすれば問題ないような気もします。なかなか手応えのある面白そうな作品だと思いました。

【公式サイト】

インディゲーム製作サークル・セアロソンク

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「処女を守る魔法」を購入

「DMM」で「処女を守る魔法」を購入

【SSGの入手先】

「処女を守る魔法」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.13

【連絡事項】

次の更新はpicture/01の予定です。