この記事は約 3 分で読めます (約 1373 文字)

ばるばろっさ! ~すすめ? 赤軍少女旅団~

【本記事の概要】

この記事では、「日本戦争ゲーム開発」様の「ばるばろっさ! ~すすめ? 赤軍少女旅団~」を紹介します。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。ちなみに「SpoilerAL修正パッチ」も必要です。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

■ストーリー

時は第二次世界大戦。ドイツ軍は電撃的にソ連に侵攻。ソ連の少女旅団の大半を捕虜にする。ドイツ軍の女性将校エデルガルトは根っからのサディストであり、すぐに捕虜の使いみちを思いついた。捕虜を調教して自軍に組み込めば、戦力不足を解決できる。しかも捕虜相手なら遠慮無くあんな事も、こんな事もできてしまうと。

■Hシーンの傾向

本作の主人公は、女性将校エデルガルト。Hシーンは主人公の性格に合わせて、調教・SM系がメイン。捕虜は女の子が多い事もあり、Hシーンのおよそ半数が女性同士。男性捕虜の調教や、仲間キャラ達の甘めなHシーンもあり。

■日戦開 第四世代SLGシステム搭載

本作で日本戦争ゲーム開発のSLG/SRPGは6作目。4年間にわたって改良を重ね、より遊びやすく、よりリアルに、より奥深く進化した戦闘をお楽しみください。

■実在の兵器が多数登場

ティーガー戦車、Kar98Kカービン、カール自走臼砲など、100種類前後の兵器が登場。またヒロイン達による兵器解説パートを収録(閲覧は任意)。

■オリジナルBGM

BGMの大半は素材ではなく、ドイツとソ連の軍歌のオリジナルアレンジです。

■品質管理

15名ほどのテストプレイヤーの方に協力して頂き、丁寧にデバッグとバランス調整を行っています。

■仕様

  • 基本CG25枚(差分総数約90)
  • Hシーンは女性キャラフルボイス
  • 戦闘ボイスあり
  • シーン回想、CGモードあり
  • 全年齢モード選択可能
  • 難易度選択可能
  • ウィンドウの表示/非表示機能
  • メッセージスキップ、履歴表示機能
  • ボイス、BGM、効果音の音量調整機能
  • 体験版から製品版にセーブデーター引き継ぎ可能
  • クリア時間は難易度によるが、短い人で10時間弱、長い人で20時間程度。

【プレイした雑感】

<このゲームについて>

ドイツ軍の女将校たちの部隊を操作してソ連軍の女将校たちと戦うSRPGです。

<戦闘について>

戦闘システム

戦闘はSRPG形式で行われます。ステルスの概念があったり、遠くから支援攻撃や空爆が飛んできたりといった要素があります。

<Hシーンについて>

Sな女将校が捕虜を調教するシチュエーションがメインです。

Hシーン01

Hシーン01

Hシーン02

Hシーン02

Hシーン03

Hシーン03

<総括>

ドイツ軍側の女将校たちを操作してソ連軍の女将校と戦うゲームです。

戦闘はステルスで敵が見えなかったり、遠くから支援砲撃や空爆が飛んできたり等戦略性が求められます。

Hシーンは主導権を握っているのがSということもあり、SM系がメインです。

独ソの女将校達による硬派な部分もあり、コミカルな部分もあるHな戦争SRPGに興味がある方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

日本戦争ゲーム開発

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「ばるばろっさ! ~すすめ? 赤軍少女旅団~」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.3