この記事は約 3 分で読めます ( 約 1647 文字 )

【本記事の概要】

本記事では、「月の水企画」様の「苗床ダンジョンクロニクル」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

▼シナリオ▼

帰らずのダンジョンとして恐れられている『アルバーンの大迷宮』に挑んだ腕利きの冒険者『ロザリー』は、ひょんなことから罠にはまり、触手に陵辱された挙句、地下の最下層に捕らえられてしまう。

触手、卑猥なトラップ、女を狙う淫魔やならず者たち、果てには王国の兵師団まで、次々に襲い来る障害を払いのけ、地上を目指すロザリーの長い挑戦が今始まる……

▼ゲーム概要▼

苗床ダンジョンクロニクルは、触手・産卵シチュ中心の18禁RPGです。触手や魔物に犯されたり、他の女冒険者を犯したりしながら、地下10層の巨大迷宮から脱出を計るゲームとなっています。

※仲間を増やす産卵システム※

苗床部屋で触手に犯される事で仲間を産み出すことができます。仲間になる魔物は総勢80、自由なパーティ編成に育成も可能です。

※Hシーンは触手・産卵特化※

  • 基本CG枚数56枚、差分含め320枚以上
  • 総シーン数60以上、触手・異種姦・産卵シチュエーション中心

(ver1.10にてさらに基本CG7枚、シーン7種類が追加されています)

その他にも、多彩なシチュエーションが用意されています。

  • 魔物や冒険者による輪姦、強姦
  • 敵やトラップに捕縛されての器具責め
  • ふたなり化し他の女冒険者に魔物を産ませる
  • 仲間の冒険者との百合エッチ
  • 仕掛けを作動させるために放尿など

また10種類以上の服に着替えが可能で以下のような楽しみ方をご用意してあります

  • 裸状態だと問答無用で犯されてしまう敵
  • 胸、下半身など特定の部位を守っていないと引っかかるトラップ
  • 一部戦闘をHシーンに変えて回避可能

※その他特徴※

  • 戦闘はオーソドックスなコマンド形式
  • 敵、味方モンスターは全て書き下ろし200体以上
  • 音楽は全てオリジナル
  • シーン回想、CG回想あり(ゲーム中)

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

ホビットの拠点に到着するところまでプレイしました。

<このゲームについて>

魔物を産んで育てたり、お宝を集めて回ったり、コスチュームを集めてコスプレを楽しんだりしながらダンジョンからの脱出を目指すゲームです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントです。エンカウント率は普通程度です。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムは特にありません

雑魚敵との戦闘

一部の雑魚敵を除けばたいてい通常攻撃であしらえる程度です。大抵のボス戦前には回復スポットがあるため場合によってはスキルを使うのもありかと思います。ただし、回復スポットがなくいきなりボス戦が始まることもあるので回復アイテムはそれなりに所持しておくと良いでしょう。

ボス敵との戦闘

そこそこ回復アイテムがあればスキルを使いこなせば倒せる程度です。回復アイテムがない場合はジリ貧になる可能性があるため回復アイテムは常備しておくことをおすすめします。ボスによっては敗北Hがあるようですが、倒すと対応した回想フラグをオンにできるアイテムがもらえるのでわざわざ負ける必要はないでしょう。

<総括>

一部の雑魚敵は強いですが、全体的に雑魚敵は簡単に倒せる程度です。Hシーンもなかなか自分好みの内容だったと思います。なかなか面白く、楽しめそうな作品だと思いました。触手好きの方におすすめの作品です。

ちなみにDMMでは11/24 10:00まで触手関連の作品が半額になるキャンペーンを実施中とのことです。もちろん「月の水企画」様の作品はすべて半額対象のようです。まだ持っていない人はこの機会にDMMで購入してみてはいかがでしょうか?

【公式サイト】

月の水企画

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「苗床ダンジョンクロニクル」を購入

「DMM」で「苗床ダンジョンクロニクル」を購入

【SSGの入手先】

「苗床ダンジョンクロニクル」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.12