この記事は約 2 分で読めます ( 約 1038 文字 )

Ariadne

【本記事の概要】

本記事では、「Eclipse works」様の「Ariadne」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

【仕様】

  • ジャンル
    18禁本格ファンタジーRPG
  • 価 格
    2300円(税抜)
  • C  G
    基本約40枚, 差分約350枚
  • 特 徴
    • ターン制コマンドバトル
    • 着せ替え
    • 衣服破壊
    • マルチエンド

【ゲームコンセプト】

  • 膨大な数のロケーション&フリーイベント、圧倒的ボリュームで送る王道ファンタジーRPG
  • 容赦なく描かれる”女一人旅の真実”― 18禁RPGだからこそ表現できる淫らなイベントの数々
  • 無頼の孤剣を貫くか、悪徳に染まるか、色欲の世界に堕ちるか… …プレイヤーの数だけ生まれる旅の軌跡

【あらすじ】

険しい山脈に囲まれた辺境の地ミストホルン

村の娘フランが森の奥で魔神が封じられている迷宮を見つけてしまうことで、彼らの平穏な生活は終焉を迎える… …

■ CGイベント

街の中には多種多様のCGイベントが待ち構えており、その内容はちょっとエッチなものから過激でハードなものなど多岐にわたります。力で跳ね除けるのか、屈服し餌食となるのか、あるいは自ら進んで行くのか…。その選択はプレイヤーに委ねられます。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

最初の聖火を手に入れるところまでプレイしました。

<戦闘について>

雑魚敵はフィールドマップやシナリオで訪れるダンジョンの雑魚敵は通常攻撃で一匹あたり2~3ターン以内には倒せます。

しかし、依頼の対象のダンジョンの敵はやや強めです。あっさりとやられてしまうことが何度かありました。ダンジョン探索を含んだ依頼をこなす前にしっかりと準備をすることをお勧めします。

<特殊シンボルとHな攻撃>

前作「Magica」と同様、敵の攻撃によって衣服が破られるシステムや、赤いシンボルで出現する敵の必殺技(イベントCGあり)も健在のようです。

今回は敵のHPゲージの上にハートマークをつけていたり、衣服破損攻撃を防ぐアイテムが存在したりとやや前作よりは親切に設計されています。

<その他のHシーン>

街中でのイベントも健在です。

<総括>

前作同様なかなか面白そうなシステムのゲームだと思いました。いずれプレイしてみたい作品です。

【公式サイト】

Eclipse works

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「Ariadne」を購入

「DMM」で「Ariadne」を購入

【SSGの入手先】

「Ariadne」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.04