この記事は約 3 分で読めます ( 約 1470 文字 )

Darkness Quest

【記事の概要】

本日は「ありぃすいべりぃ」様の「Darkness Quest」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DMMより抜粋)

■ストーリー

魔界の4大実力者を倒す為、人間界へ降りて魔力を補充しようとするが、人間界に降りる際に深手を負ってしまう主人公ヴィルデ。ボスを倒すごとに力を取り戻し、使い魔を召還できるようになり使い魔と共に4大実力者に挑む!深手を負ってしまったその訳とは……?そしてヴィルデと使い魔の関係とは!?様々な思想と感情が渦巻く世界を描いた、正統派ストーリー!

■システム

総プレイ時間4時間〜7時間
Hシーン全16シーン 内アフターエフェクトによるアニメーションが3シーン有り!
もちろん女性フルボイス!

■サクサク進行

ボスバトルは勝っても負けてもHシーン!RPGが苦手な方でも大丈夫!入念なレベルデザインにより、ゲームテンポに自信アリ!テンポを崩さずアツい戦いが楽しめる!

■記憶の館

ゲームクリア時の特典として、全てのシーンの回想が可能!

■強化

敵が落とした"ビーストソウル"を使い、ヴィルデの装備を強化せよ!力を取り戻せ!

■スキル購入

ビーストソウルの使い道は装備強化だけではない!より強力なスキルの購入も可能だ!

■闇バトル

過去に対戦したボスとのボスラッシュや、特別な敵との賞金マッチによるやり込み要素有り!制覇を狙え!バトルを極めろ!ゲームクリア時に追加されるボスも……!?

【プレイした雑感】

<このゲームについて>

主人公の淫魔とその下僕たちが人間界にある魔族の巣窟を荒らし回るHなRPGです。

<プレイした範囲>

王都についたところまでまでプレイしました。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントです。ダンジョンのエンカウント率は普通程度ですが、フィールドのエンカウント率はやや高めです。

一部の敵はシンボルエンカウントします。シンボルの復活条件はダンジョン脱出です。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

雑魚敵(ランダムエンカウント)との戦闘

大抵の敵は通常攻撃数発で倒せる程度です。そこそこの経験値とお金を入手できます。

雑魚敵(シンボルエンカウント)との戦闘

中ボスクラスの位置づけで、スキルを使ってういかないと手間取るかもしれません。ランダムエンカウントの敵より多めの経験値とお金がてにはいります。

ボス敵との戦闘

弱体や強化といったバフ・デバフや強力な攻撃スキルを使っていってようやく倒せる程度です。

<Hシーンについて>

淫魔の命令で下僕が女性を犯すシチュエーションがメインです。

Hシーン01

Hシーン01

Hシーン02

Hシーン02

Hシーン03

Hシーン03

<総括>

淫魔と下僕たちが人間界にいる魔族相手に暴れまわるHなRPGです。

戦闘面は雑魚戦はサクサク、ボス戦はハラハラ・ドキドキといった感じの難易度です。

金策面は逃げたり見逃したりしなければ十分貯まる感じです。お金が不足がちだと思ったら闇バトルを活用して稼ぎましょう。

Hイベントはボス戦終了後に発生するもの、町の人に話しかけると発生するものがあるようです。

気軽に遊べる難易度で淫魔が絡むRPGに興味がある方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

ありぃすいべりぃ

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「Darkness Quest」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.0