この記事は約 2 分で読めます ( 約 1073 文字 )

life-doll

【本記事の概要】

本日は「コソコソ部屋」様の「Life Doll」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(公式サイトより抜粋)

■ストーリー■

『魔道士全滅事件』――。9年前、原因不明の事件により全ての魔道士がいなくなった。結果、人々は魔物と戦う『魔法』を失い、魔物は活発に活動し始めてしまう。

だがこの世界にはただ1人、『魔法』を使える少女がいた。その名は『リズハドール』。

これは、少し生意気な彼女とその保護者である『カタミチ』のお話。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

ステージ1を突破したところまでプレイしますた。

<このゲームについて>

自分を奴隷扱いする主とともに変態に追われながら魔物を討伐していくと言った内容のゲームです。

<ダンジョンについて>

内部構造も外部構造もあまり複雑ではないので迷うことはなさそうです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューは立ち絵付きなフロントビューです。HP依存型のアーマーブレイクシステムが導入されています。

特殊なシステムとしてはTP維持(?)が挙げられます。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃で確2~確3といったところです。被ダメがやや大きめのためスキルを使って倒すのもありだと思います。敗北するとHシーンが見られます。

ボス敵との戦闘

スキルを使ってギリギリ倒せるか否かという難易度でハラハラ・ドキドキが味わえるでしょう。敗北するとHシーンが見られます。

<Hシーンについて>

異種姦がメインです。なお、敗北しなくてもステージクリアで回想が解放されます。回想部屋へは随所に設置されている緑の水晶玉のオブジェクトからいけます。

<総括>

開封するのに謎解きが必要な宝箱があったり、ボス戦は手に汗握る攻防が楽しめたりと言った要素のあるHなゲームです。Hシーンも様々なシチュエーションが楽しめそうな感じでした(要敗北 or ステージクリア)。

このサークルが得意とするシチュエーションが気に入ったら「魔法戦士 ハルティエル」「魔法戦士 ハルティエル2」を購入してみるといいかもしれません。

【公式サイト】

こっそりコソコソ+

【ゲームの入手先】

公式サイトで「Life Doll」をダウンロード

「こっそりあぷろだ01」で「Life Doll」をダウンロード

【SSGの入手先】

「Life Doll」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

0.4