カテゴリー:有料ゲーム(体験版)の記事一覧

アダルト同人ゲーム改造館

成人男性向けの同人ゲームを紹介したり、専用の改造ツールを配布したりするブログです。

カテゴリー:有料ゲーム(体験版)
「マリアクライシス セカンドシーズン」の紹介と体験版用SSG

マリアクライシス セカンドシーズン

【記事の概要】

本日は「チャンプルX」様の「マリアクライシス セカンドシーズン」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

・ストーリー

マリア一行にはお金がなかった。そんなマリア一行の前に依頼する者が現れた。

ラフェロ教団…

良い噂のない教団からの依頼だった。

「君たちの腕を買って頼みがある。 あるダンジョンを調べてほしい。調べてくれれば1000万ルチカを報酬としてだそう」

「怪しすぎる。止めたほうがいい」と仲間のジャレッドに言われるものの金欠に困っていたマリアは依頼を承諾してしまった。

ダンジョンに向かうマリア一向。そこには予期せぬ出会いや、不都合な真実が隠されていた。

…マリアの壮大な冒険が再び、始まる!

※ 前作をプレイしていなくても問題なく楽しめる内容になっています。

・Hシーン

マリア魔物姦・触手姦・???(秘密)
クリスフェラ・ぱいずり・和姦など
サツキ触手姦

・3DダンジョンRPG

マップを記録して進める広大な3Dダンジョンが舞台となります。やりごたえのあるRPGとなっております。

物語・制作はぱいそん氏が担当しています。王道でありながら、意外な展開と飽きさせないシナリオをお楽しみください。

【プレイした雑感】

<このゲームについて>

金欠の冒険者3人組が怪しげな依頼を引き受け、ダンジョンを探索し、女性がHな目に遭うRPGです。

<プレイした範囲>

牢獄のダンジョンを突破したところまでプレイしました。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボル(不動)エンカウントです。シンボルの復活条件はダンジョン脱出です。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムとしては一部のキャラクターにTP維持が設定されている点が挙げられます。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は装備が整えば通常攻撃+魔法で十分あしらえる程度です。

レベルアップ時にHP・MPが全回復するので回復アイテムのお世話になることはあまりなさそうです(むしろ売却して装備に変える)。

ボス敵との戦闘

少々攻撃力が高めなので運が悪いと戦闘不能になることがありますが、HPに気を配りつつ弱点をついていけば苦戦することなく倒せると思います。

<Hシーンについて>

お風呂やトイレといったシチュエーションもあれば章ごとにいくつかHなイベントも用意されています。

Hシーン01

Hシーン01

Hシーン02

Hシーン02

<総括>

怪しげな依頼を引き受け怪しげなダンジョンを探索し女性陣がHな目に遭う3DダンジョンRPGです。

戦闘面では敵の強さは普通程度なので気軽に遊べる部類だと思われます。

ダンジョン内マップ付き3Dダンジョンなので酔うことはあっても迷うことはないでしょう。

Hシーンはボス戦勝利後・その他イベントがメインなので取り逃しはあまりなさそうです。

気軽に遊べるHな3Dダンジョン探索RPGに興味がある方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

同人サークル★チャンプルX

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「マリアクライシス セカンドシーズン」のSSG体験版用をダウンロード

【対応バージョン】

2017/03/01版

「少公女騎士みるく」の紹介と体験版用SSG

少公女騎士みるく

【本記事の概要】

本日は「しょく」様の「少公女騎士みるく」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

H合計 57種 = Hアニメ基本46種 + HCG基本5種 + 立ち絵(Hな姿)基本6種

セクハラ攻撃だけでなくHイベントにもアニメを採用。また、そのとき装備している装飾品などをアニメやCGに反映。(例外有り)今作よりBADENDにも60~100行前後のH文章有り。

【あらすじ】

突然むりやり家督を継がされた主人公みるく。もやもやしながらも仕方なく戦いに身を投じてゆくのだが・・・。

【ゲーム概要】

  • 戦闘中に発生するH攻撃は、痴漢攻撃(アニメ無し)、セクハラ攻撃(6種のアニメ有り)、陵辱本番攻撃(5種のアニメ有り)、主人公による逆セクハラ攻撃(5種のアニメ有り)です。
  • アーマーブレイクは3段階。
  • BADENDは9種類。
  • 着せ替えコスプレは基本8種+おまけAは2種+おまけBは8種。
    基本は、主人公の服、スク水、ビキニアーマー、レオタード、セーラー服、体操服、フリルシャツ&デニムショートパンツ、メイド風妊婦服。
    おまけAは、貴族のドレス、お尻丸出しのバトルマシンスーツ。
    おまけBは、セーラー服の上着のみ、セーラー服のスカートのみ、体操服の上着のみ、ブルマのみ、フリルシャツのみ、デニムショートパンツのみ、メイド風妊婦服の上着のみ、メイド風妊婦服のスカートのみ。
    基本とおまけAの違いは、専用のHイベントがあるかないかの違いです。おまけBは基本を上と下に分離したものです。
    ふつうのパンツ、ひもパンツなどの下着や、メガネ、猫耳、ツインテールの輪などの小物も着せ替えができ、小物の装着によりストレートからツインテールやショートに髪型も変更可能。小物は前作同様Hイベントにも反映。さらに今作から電動バイブ、アナルビーズなどのアダルトグッズもメニューから装備可能になり立ち絵にも反映されます。

■前作品と比べての改善点または相違点

  • メニューの立ち絵は「正面」だけでなく、切り替えることにより「後ろ姿」も表示できます。
  • 淫乱度が上昇し、ある条件を満たすと、メニューと会話の立ち絵が恥ずかしいポーズに変化します。
  • 条件を満たせばメニュー画面の「下から覗く」コマンドで主人公の股間を真下から覗くCGを鑑賞可能。
  • 敵(シンボルエンカウント)の移動速度を全体的に遅くしました。
  • おつかい程度のHのないサブクエストを80追加。サブクエストを活用することで経験値と金を稼げます。
  • LV10、LV15、LV20ごとに上位職種へとクラスチェンジします。
  • 淫乱100%以上になって淫乱度が下がらなくなっても、最終的にはアイテムで淫乱度は下がるようになっていましたが、今作はストーリーの設定にもとづき、200%より下に下がらなくなりました。ただし一時的に淫乱200%以上から淫乱0%に突然低下する例外の状況が存在し、その落差に主人公が戸惑う場面はあります。
  • 戦闘中の敵によるセクハラアニメおよび主人公による逆セクハラアニメは衣服を着ていても常に全裸になって実行されます。そして実行後、衣服を再着用するという設定となります。小物はアニメに反映されます。
  • 条件を満たすとメニューに「オモチャ自慰」コマンドが追加されます。複数のアダルトグッズでオナニーするイベントです。
  • 条件を満たすとメニューに「マ○コ射精」コマンドが追加されます。膣内に貯蔵しているザーメンをアソコからぶざまにマン力で噴き出すイベントです。非アニメですが、コスプレ、小物、アダルトグッズが反映されます。
  • 「みるくの足跡」「みるくの頭の中」「好きな言葉、好きな食べ物、趣味」「中出し汁総量」などの情報をメニュー画面に追加しました。ストーリーが進み、陵辱されてゆくにつれて、情報の内容は変化してゆきます。
  • 子宮膣内、腸内、尿道&尿袋の各断面図だけでなく、胃の断面図も追加。

■前作品群より引き継いでいる点

  • Hイベントのほぼすべての要所にHアニメを導入。(アニメを採用していないCGのみのHイベントも数点あります。)
  • ボテ腹時にセクハラ攻撃を受ける、または逆セクハラ攻撃を行うとボテ腹姿でのセクハラアニメを再生。
  • メガネ・髪型などをチビキャラや会話枠の顔CGに反映。
  • 小物(メガネ・ツインテールなど)差分をHアニメに反映(所々例外あり)
  • アイテム合成で小物をセット品にすることで複数の装飾品を同時装備可能になり立ち絵にも反映。
    補足:今作からは、アダルトグッズが追加され、それらもアイテム合成でセット品にすることで複数のアダルトグッズを同時装備でき、立ち絵にも反映されます。
  • Aキー押下で会話枠を非表示・表示機能(戦闘時は除く)Hイベントのアニメを鑑賞する際など、会話枠がジャマに思えた時に有用です。
  • 「膣内断面図(陵辱アニメ攻撃&メニュー画面内)」の表示・非表示設定
  • 引き続き主人公はロリキャラ。よってオッパイは小さめまたは普通の大きさです。ですが、小さいなりにアニメの中で乳揺れさせました。
  • 淫乱度の上昇具合により、仮性露出狂、真性露出狂となり全裸歩行が可能となります。
  • ある条件を満たすとほとんどの男達と売春ができるようになります。

■その他

  • 敵はそこそこ強いですが、魔物図鑑を活用して弱点をつけば楽に倒せます。またシンボルエンカウントなので、戦いたくないときは接触せずに逃げきることも可能です。
  • 戦闘敗北後、BADEND後、その場からリスタートできます。
  • メニューの「次の行動」に次にやるべきことがそのつど表示されます。
  • メニューの「H」で、クリア済みのHイベント等を観賞できます。そのとき装備している下着・メガネなど、そして「ボテ腹」がクリア済みHイベントに反映され再生されるようにしております。ただしシーンによっては小物やボテ腹が反映されない場合もあります。
  • アヘ顔、ボテ腹陵辱、出産シーン、近親相姦がございます。耐性のない方や趣味にあわない方はご注意ください。
  • このゲームには大量流血やスカトロシーンなどは一切ありません。
  • このゲームはキーボードによるプレーを前提としております。
  • セーブは移動時にメニューからいつでも可能です。
  • 音声はフル音声ではありません。Hシーン、戦闘シーンで使用している一部音声です。気になる方はそちらもお買い上げになる前に体験版でご確認ください。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

森林砦のダンジョンを突破したところまでプレイしました。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューは立ち絵付きフロントビューです。HPが低下すると(?)服が破損していきます。HPが回復しても修復せず、修復するには専用アイテムを使用する必要があります。

特殊なシステムとしては戦闘中Hが挙げられます。

戦闘中Hついて

戦闘中、敵がHな攻撃をしてくることがあります。アニメーションが表示されるものと表示されないものがあるようです。

戦闘中H001

戦闘中H001

敵との戦闘

弱点を突いた魔法を使えばほぼ一撃で倒せます。全体魔法もあるのでまんべんなく覚えておきたいところです。

スキルはスキル習得屋でスキルポイントを消費して習得します。

Hシーンについて

戦闘中Hの他にもイベントHもあります。

イベントH001

イベントH001

イベントH002

イベントH002

イベントH002

イベントH003

<総括>

貴族に住む少女がいきなり家督を継がされ庶民のために奮闘するHなRPGです。

HシーンはCGが表示されたあとでボタンを押すとメッセージが表示される形式なので、じっくるとHCGを堪能することができます。

一部Hシーンはアニメーションで再現される場合があります。その場合シーンの再生終了後にメッセージが表示されます。

ウィンドウ消去も導入されています。これでイベント発生中でもHCGをしっかりと拝められるようになりましたね。

他ににも着せ替え要素もあるようです。お気に入りの衣装、アクセサリを購入・作成・装備させて楽しみましょう。

戦闘面では雑魚敵はシンボルエンカウントでなおかつスキルでほぼ一撃で倒せるので手軽な部類だと思われます。

少女貴族を着せ替えさせたり、淫乱にさせたりさせなかったり、そんなHなRPGに興味がある方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

同人ソフト制作・同人サークル「しょく」

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「少公女騎士みるく」の体験版用SSGをダウンロード

【対応バージョン】

2016/01/30版

「少女神エミリー」の紹介と体験版用SSG

少女神エミリー

【本記事の概要】

本日は「しょく」様の「少女神エミリー」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

H合計40種 = Hアニメ37種 + HCG3種

セクハラ攻撃だけでなくHイベントにもアニメを採用。また、そのとき装備している装飾品などをアニメやCGに反映。(例外有り)

【あらすじ】

地上は魔物たちに蹂躙され人間達は存亡の危機に瀕していた。愛と光の女神エミリーは、イニシエの約束を果たすため、単身地上に降臨するのだが・・・。

【ゲーム概要】

  • 戦闘中に発生するH攻撃は、痴漢攻撃(アニメ無し)、セクハラ攻撃(アニメ有り)、陵辱攻撃(アニメ有り)の3種類。
  • 着せ替えコスプレは7種類。女神の服、セーラー服、体操服、スク水、ナース、レオタード、チャイナドレス。さらにパンツ、メガネなどの小物も着せ替えでき、ポッチや髪留めで髪型も変更可能。
  • アーマーブレイクが有り破れは4段階。
  • ある条件をクリアすると手コキ・足コキ・マ○コの逆セクハラ攻撃(アニメ)が可能に。

■前作品と比べての相違点・改善点

  • Hイベントにもすべての要所にHアニメを導入。
  • ボテ腹時にセクハラ攻撃を受けるとボテ腹姿でのセクハラアニメ再生。
  • メガネ・髪型・ほっぺのシールをチビキャラや会話枠の顔CGに反映。
  • 装飾品(メガネ・ポッチなど)差分やパンツ差分もHアニメに反映(所々例外あり)。主人公のH技CGにおいては各コスプレ服差分も反映。
  • アイテム合成で装飾品をセット品にすることで複数の装飾品を同時装備可能。
  • Aキー押下で会話枠を非表示・表示機能追加(戦闘時は除く)
  • 「膣内断面図(陵辱アニメ攻撃&メニュー画面内)」の表示・非表示設定追加。メニューの「設定2」で切り替え可能。
  • セクハラ攻撃アニメの再生改善による戦闘速度UP。
  • 主人公はロリキャラ。よってオッパイなどは前作に比べて小さいです。ですが、小さいなりにアニメの中でプルンプルンと乳揺れさせました。

■その他

  • 淫乱度の上昇具合により、仮性露出狂、真性露出狂となり全裸歩行が可能となります。さらに淫乱度が上昇すると、異質な女神へとフォールダウンします。
  • ある条件を満たすとほとんどの男達と楽しむことができるようになります。
  • BADENDは5種類。
  • 敵はそこそこ強いですが、魔物図鑑を活用して弱点をつけば楽に倒せます。またシンボルエンカウントなので、戦いたくないときは接触せずに逃げきることも可能です。
  • 戦闘敗北後、BADEND後、その場からリスタートできます。
  • メニューの「次の行動」にヒントが掲載され冒険をアシストします。
  • メニューの「H」で、クリア済みのHイベント等を観賞できます。また、そのとき装備している下着・メガネやおさげなどがHイベントに反映され、再生されるようにしております。(シーンによっては反映されない小物もあります。)
  • アヘ顔、ボテ腹陵辱、出産シーンがございます。耐性のない方や趣味にあわない方はご注意ください。
  • このゲームには大量流血やスカトロシーンなどは一切ありません。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

西のゴブリンの砦を襲撃したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

天から降臨した少女女神が地上のために奮闘するRPGです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューは立ち絵付きフロントビューです。HPが低下するとどんどん服が破損していきます。HPが回復しても修復せず、修復するには専用アイテムを使用する必要があります。

特殊なシステムとしては戦闘中Hが挙げられます。

戦闘中Hついて

戦闘中、敵がHな攻撃をしてくることがあります。アニメーションするものとしないものがあるようです。

戦闘中H001

戦闘中H001

敵との戦闘

弱点を突いた魔法を使えばほぼ一撃で倒せます。全体魔法もあるのでまんべんなく覚えておきたいところです。

スキルはスキル習得屋でスキルポイントを消費して習得します。

Hシーンについて

戦闘中Hの他にもイベントHもあります。

イベントH001

イベントH001

イベントH002

イベントH002

<総括>

少女女神が光の女神になったり闇の女神になったりしながら地上の問題を解決していくHなRPGです。

HシーンはCGが表示されたあとでボタンを押すとメッセージが表示される形式なので、じっくるとHCGを堪能することができます。

一部Hシーンはアニメーションで再現される場合があります。その場合シーンの再生終了後にメッセージが表示されます。

今作からはウィンドウ消去も導入されたみたいです。これでイベント発生中でもHCGをしっかりと拝められるようになりましたね。

他ににも着せ替え要素もあるようです。お気に入りの衣装、アクセサリを購入・作成・装備させて楽しみましょう。

戦闘面では雑魚敵はシンボルエンカウントでなおかつスキルでほぼ一撃で倒せるので手軽な部類だと思われます。

少女女神を着せ替えさせたり、Hな女神にさせたりさせなかったり、そんなHなRPGに興味がある方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

同人ソフト制作・同人サークル「しょく」

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「少女神エミリー」の体験版用SSGをダウンロード

【対応バージョン】

2015/01/23版

「聖騎士フランソワーズ」の紹介と体験版用SSG

聖騎士フランソワーズ

【本記事の概要】

本日は「しょく」様の「聖騎士フランソワーズ」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

H合計50種 = Hシーン30種 + Hアニメ20種、基本HCG50枚、総差分500枚以上

【あらすじ】

天涯孤独の貧乏貴族であるフランソワーズは、生きてゆくためにレンジャーとなり、荒っぽい仕事を日々こなしていた。ある日、王宮の使いが現れ、フランソワーズに登城の命が下るのだが・・・。

【ゲーム概要】

  • ストーリー前半は聖騎士になるため、時に戦い、時にセクハラをうけながらも健気に耐えるという内容の奮戦記、ストーリー後半は念願の聖騎士になったにも関わらず、次から次へと陵辱されて、堕落してゆくという内容の極堕ち淫乱記となります。
  • 戦闘中に発生するH攻撃は、痴漢攻撃(アニメ無し)、セクハラ攻撃(アニメ有り)、陵辱攻撃(アニメ有り)の3種類です。
  • 物語前半までは、ほとんど通常攻撃と痴漢攻撃のみです。後半、主人公が聖騎士を名乗ってからは、セクハラ攻撃、陵辱攻撃の怒涛の洗礼をうけることとなります。
    *毎回H攻撃アニメを見る必要はないという方は、メニューの「設定」で「初回のみ再生」を選択してください。
  • 着せ替えコスプレは10種類。レンジャークロス、セーラー服、体操服、スク水、ナース、チャイナドレス、巫女装束など。さらにパンツ、メガネなどの小物も着せ替えできます。
  • アーマーブレイクが有り、破れは最大で6段階あります。
  • 淫乱度100%以上で仮性露出狂となり全裸歩行が可能となりますが、局部を手で覆い隠し、国民に話しかけても、主人公は恥ずかしがりすぐに逃げてしまいます。淫乱度200%以上で真性露出狂となり、局部を晒して国民に話しかけることができるようになります。淫乱度400%以上で頭の中はチ○ポ一色となり、国王、大臣、兵士、おじさん、おじいさん、少年などなど、ほとんどの男達と楽しむことができるようになります。
  • 敵はそこそこ強いので、魔法や特技を駆使する必要があります。しかしシンボルエンカウントなので、戦いたくないときは接触せずに逃げきることも可能です。
  • BADENDは5種類。淫乱100%未満の時の戦闘敗北。淫乱100%以上200%未満の時の戦闘敗北。淫乱200%以上の時の戦闘敗北。騙されて脳を改造され、果ててしまった時。罠にかかり奴隷として売り飛ばされた時。
  • 戦闘敗北後、BADEND後、その場からリスタートできます。
  • ボテ腹表現や、出産、産卵シーンでアヘ顔を晒します。耐性のない方はご注意ください。
  • オナニー、売春、触手姦、アナル輪姦、兵士達による輪姦、生徒達による輪姦などなどさまざまなHが主人公を真性肉便器へと堕としてゆきます。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

教会の杖を取り戻したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

貧乏貴族が生活をするためにギルドやお城でのお仕事に奮闘するHなRPGです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューは立ち絵付きフロントビューです。HPが低下するとどんどん服が破損していきます(HPが回復しても修復せず、修復するには専用アイテムを使用する必要があります)。

特殊なシステムとしては戦闘中Hが挙げられます。

アーマーブレイクシステムについて

立ち絵には最大6種類あるようです。衣装によって違うのか、体験版による制限があるのかは不明です。

立ち絵(通常)

立ち絵(通常)

立ち絵(破損1)

立ち絵(破損1)

立ち絵(破損2)

立ち絵(破損2)

立ち絵(破損3)

立ち絵(破損3)

立ち絵(破損4)

立ち絵(破損4)

戦闘中Hついて

戦闘中、敵がHな攻撃をしてくることがあります。アニメーションするものとしないものがあるようです。

戦闘中H001

戦闘中Hその1

敵との戦闘

弱点を突いた魔法を使えばほぼ一撃で倒せます。全体魔法もあるのでまんべんなく覚えておきたいところです。

スキルはスキル習得屋でスキルポイントを消費して習得します。

Hシーンについて

戦闘中Hの他にもイベントHもあります。

イベントH001

イベントHその1

イベントH002

イベントHその2

イベントH003

イベントHその3

<総括>

貧乏貴族が騎士になったり淫乱になったりするHなRPGです。

HシーンはCGが表示されたあとでボタンを押すとメッセージが表示される形式なので、じっくるとHCGを堪能することができます。

一部Hシーンはアニメーションで再現される場合があります。その場合シーンの再生終了後にメッセージが表示されます。

戦闘面では雑魚敵はシンボルエンカウントでなおかつスキルでほぼ一撃で倒せるので手軽な部類だと思われます。

女騎士が変態騎士に変貌したりしなかったりするHなRPGに興味がある方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

同人ソフト制作・同人サークル「しょく」

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「聖騎士フランソワーズ」の体験版用SSGをダウンロード

【対応バージョン】

2014/07/18版