この記事は約 2 分で読めます (約 1017 文字)

智と愚の塔

【本記事の概要】

本日は「TechnoBrake」様の「智と愚の塔」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

■作品概要■

『よりシンプルに、よりディープに』をコンセプトにしたむちむちあへんほなエロRPGです。

ゲーム部分はシンプルな操作でサクサクと。

エロ部分は淫語やエゲつないまでのあへんほ、異種姦、エロトラップ、ザーメンでお腹たぷんたぷんやくさそうな濃厚ザーメン大量発射、ザーゲロなどのディープな描写が強めです。一部のイベントに首締めックスや腹パンなどのソフトリョナを含みますが死亡描写や血液描写はありません。気持ちよくアヘってハッピーです。

■物語■

賢者の石が眠ると言われる『賢者の塔』。未だその塔を制覇した冒険者はなく、いつしか人々は難攻不落の塔を挑む者たちを『叡智を求める愚か者』と下げずんだ。そして、塔へと挑む愚か者がここにも一人――。

■仕様■

  • RPGツクールVX ACE製
  • 基本CG枚数30枚オーバーを予定

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

適当にダンジョンを探索したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

世間知らずなうさぎの女の子が空高くそびえる賢者の塔に挑むといった内容のゲームです。

<ダンジョンについて>

非常にシンプルな構造なので迷うことはないでしょう。

<戦闘について>

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘はその場で画面が切り替わらずにシームレスに行われます。

戦闘は攻撃する、回復する、逃げるの3択から選ぶだけのシンプルなものです。

<Hシーンについて>

罠にかかってHな目に遭ったり、更に追撃で人間やモンスターにも犯されたりといった要素が挙げられます。

Hシーン001

Hシーン001

Hシーン002

Hシーン002

Hシーン003

Hシーン003

<総括>

ダンジョンの道中や宝箱にHな罠が仕掛けられている本格的な(?)ダンジョン探索RPGです。

戦闘も非常にシンプルで遊びやすい作品だと思います。

シンプルながら本格的(?)でHなダンジョン探索RPGに興味がある方におすすめの作品です。

【公式サイト】

TechnoBrake

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「智と愚の塔」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.02