この記事は約 2 分で読めます ( 約 1150 文字 )

エルフサンタの性なる夜

【本記事の概要】

本日は「つくだにの里」様の「エルフサンタの性なる夜」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

・あらすじ

代々クリスマスにサンタとしてプレゼントを配っているエルフ族。

その見習いサンタである『リーフェ』は、先輩サンタが回れない人間界の英国のとある施設にプレゼントを届けに向かった。だが、子供たちにプレゼントを配ったはずなのに袋の中にはまだプレゼントが残っていた。< 施設などにプレゼントを配るとき、余ったら別館を探せ! とマニュアルに書いてあったことを思い出し、別館を探す。

だが、見つけた別館にはゴブリンたちが住み着いており、『リーフェ』はそのまま捕まってしまう。『リーフェ』は、プレゼントを待っている子供たちのためにも、ここから出ることを決意する。

・システム

:拘束システム:

敵ドットと接触することで攻撃(拘束)を受ける(される)。矢印キーなどで連打をすることで抜け出すことができる。

:発情ゲージ:

敵ドットに触れることでゲージが上がっていき、Maxの状態になってしまうとイベントが発生してしまう。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

地下5階に到達したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

徘徊するゴブリンを回避しつつ、館から脱出する目的のゲームです。

<ダンジョンについて>

少々複雑かつ広めなので探索には多少時間を要するかもしれません。仕掛けを探してそれを動作させることで階段が出現します。

<戦闘(?)について>

基本的には回避に徹するべきですが、捕まってもボタン連打で回避できます。十字キーにアナログスティックを割り当てる楽になります。

拘束中に淫乱ゲージがMAXになるとHシーンが再生され地下6階の部屋に戻されます。

<立ち絵について>

捕らえられたら全裸になりますが道中で服を回収するのも目的の1つのようです。当然服を回収すると立ち絵も変化すると思われます。

通常時の立ち絵

通常時の立ち絵

全裸時の立ち絵

全裸時の立ち絵

<Hシーンについて>

ゴブリンによるいたずら等のHシーンがメインです。

体がしびれて

体がしびれて

地下6Fで捕まって

地下6Fで捕まって

<総括>

迫りくるゴブリンを回避したり、捕まってHシーンを見たりしながら館から脱出することが目的のゲームです。

道中で仕掛けを探したり、発動させたりといった手間があるものの、謎解きゲームよりは手軽にプレイできるでしょう。

シンプルでHな脱出ゲームがプレイしたい方におすすめの作品といえるでしょう。

【公式サイト】

つくだにの里

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「エルフサンタの性なる夜」のSSG

「エルフサンタの性なる夜」のSSGです。
ゲーム本体は含みません。

Version: 1.0

【対応バージョン】

1.0