この記事は約 3 分で読めます ( 約 1214 文字 )

六人のならず者と異国の姫君

【本記事の概要】

本日は「Z印」様の「六人のならず者と異国の姫君」の製品版をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

敵を倒して凌辱!この上なくシンプルなコンセプトのアダルトRPGです。

  • 畳の上で凌辱三昧! 犯りたい放題のならず者達。命をかけて戦う理由は、ただ女を凌辱したいから……。そんな性欲の塊のような ならず者達が和風ファンタジーの世界で無法の限りを尽くします。

    ひたすらに凌辱する女を求め続けていた六人のならず者は、魔王の甘言に乗って異国へと旅立つことに。屋敷に住む美しい姫君を凌辱せんと、勇んで乗り込むならず者。その行く手には、数々の危険が待ち受けていた……。

  • 全て性欲を基準にして動く! ならず者達の恐るべき生態。ストーリー上で立ちふさがるボスキャラクターは、勝利することで凌辱できます。それだけでなく、通常のRPGではステータスを宿屋で回復するところを、本作品では敵の女を捕らえ、凌辱することで回復するシステムになっています。

全て性欲を基準に生きるならず者のロールプレイをお楽しみ下さい。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

ボス格のくのいちを倒したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

ならず者たちが異国の女性に対し欲望をぶちまけていくといった内容のゲームです。

<ダンジョンについて>

トラップや暗号を解いたりといったギミックがあったりします。不正解だと即死です。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件は歩数(?)です。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムは特になさそうです。

雑魚敵との戦闘

通常攻撃でなんとかなりそうな気もしますが、スキルを使ったほうが無難な気がします。女性キャラが割り込んできたら倒せば全回復アイテムが手に入るので全力で行きましょう。

ボス敵との戦闘

事前に回復スポットがないため直前に陵辱できるように準備しておいたほうがいいでしょう。強さは全力でいってなんとかなる程度です。2ターンはセクハラで足止めできます。

<Hシーンについて>

6人のならず者による陵辱1本です。

<総括>

「魔術師と6人のならず者」で活躍した6人が再び活躍するといった内容のゲームです。「魔術師と6人のならず者」と比べると多少難易度が上がったような気がしますが、基本的には同じコンセプトで作られれいるようです。よって、「魔術師と6人のならず者」が楽しめた方はこの作品も楽しめると思います。なかなか面白そうな作品だと思いました。

【公式サイト】

ぞんたぐのお部屋

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「六人のならず者と異国の姫君」を購入

【SSGの入手先】

「六人のならず者と異国の姫君」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

最新版