この記事は約 3 分で読めます (約 1421 文字)

Succubus Rhapsodia

【本記事の概要】

本日は「Dreamania」様の「Succubus Rhapsodia」の製品版をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

師匠である魔女ラーミルが突如目を覚まさないまま、すでに数日が経った。一向に意識を取り戻さない事に不安を感じたラーミルの弟子、ロウラットは、師匠の研究室を探し、そこで不可解な記録を見つける。

『夢干渉』"これは夢。ただの夢想。"

夢干渉と題された研究記録は、師匠らしくもない、極めて雑感じみた内容しか記されていないものだった。

気が付けば辺りは混濁した夢の世界だった。この世界は、妖艶な姿を持つ「夢魔」と呼ばれた脅威が蔓延る魔性の地。彼女らは只々人間を誘惑し、廃人へと変える堕落の導。ロウラットの夢は、彼女らによって淫靡で塗り潰されて行く。その果ては、狂乱の夢か、安寧の現実か。

――金色の夢魔は、返事を期待していないように言い放つ。

「ばかね。夢が現実でないはずがないでしょう」

このゲームの戦闘はすべてSEXです。

現れる敵はほぼすべて「夢魔」と呼ばれる魅力的な女性たち。プレイヤーは夢魔に快感を与えて絶頂させきることで、戦闘に勝利します。また、夢魔の襲撃に抗うため、交わった夢魔と契約することで仲間にし、共に敵の夢魔と相対します。

夢魔の甘美な誘惑に溺れず、夢の世界を探索し、その果てを目指して下さい。

ジャンルSEX-BATTLE RPG
年齢制限18歳以上
プレイ人数1人
プレイ時間12時間以上
登場敵キャラ40種以上

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

師匠に再会したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

仲間の淫魔とともに敵の淫魔とSEXバトルを繰り広げ、謎に包まれた世界を脱出することを目指すことが目的のRPGです。

<ダンジョンについて>

ダンジョンの構造自体は複雑ではないですが、避けないとゲームオーバースレスレの強敵シンボルが徘徊しているところがあります。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムとしてはSEXバトルが挙げられます。

敵との戦闘

敵を裸にひん剥いたあと、敵の弱点を調べ、そこを執拗に付けば倒せます。仲間にしたい時はトークを話を受け付けなくなるまで何度も繰り返し、ムード上げ、ムードを極力下げないようにする必要があります。ムードを下げないためには敵の要求を飲む(抵抗しない)といったことも必要になってきます。

<総括>

戦闘BGMにはSEXバトルにふさわしい淫靡な感じのものが採用されているため戦闘中は淫靡な感じの雰囲気が漂っています。淫魔との淫靡なバトルを楽しみたい方におすすめのゲームといえるでしょう。

【公式サイト】

Succubus Rhapsodia 開発記

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「Succubus Rhapsodia」を購入

「DMM」で「Succubus Rhapsodia」を購入

【SSGの入手先】

「Succubus Rhapsodia」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.10

【更新履歴】

【更新1】2016/12/20 04:00

  • 1.15に対応

【更新2】2016/01/07 04:00

  • 1.16に対応