この記事は約 3 分で読めます ( 約 1798 文字 )

バウンティハンター2

【本記事の概要】

本日は「ティー・エンタ・ぴー」様の「バウンティハンター2」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

剣の時代が終わり、銃が新たな武器として君臨し始めた時代。ビッチなハンターだった母を悪人に殺された娘。母に似ずまともに成長した娘は母のあとを継いでハンターとなり、仇が居る罪人の巣食う街へとやって来た。

【ゲーム内容】

プレイヤーは罪人の巣食う街”クライシティ”で手配書の悪人を探しだし、戦闘勝利で捕獲します。手配書は10枚。その中の1人、母親の仇でもある”ピンクダディ”を倒すのが目的です。得た賞金などで街の物件を買い、店のオーナーになったり一軒家を購入したりする事が出来ます。ゲームオーバーはありません。

所持金が無くなった場合はバイトや愛人契約などでお金を手に入れて下さい。カジノでは一攫千金を目指しましょう。ここでしか手に入らないアイテムも有ります。

アイテム

【回復ドリンク】
体力を回復させる栄養ドリンク。
【急心】
気力を回復させる気つけ薬。
【マシーンパーツ】
クライシティに点在する何かのパーツ、これを集めると何かが完成する。
【カジノパスポート】
クライシティの地下カジノに入れるパスポート。今では入手困難。

主人公

【ミナ】(デフォルト名)
巨乳変態賞金稼ぎだった母の仕事を継いだ娘。母親を反面教師としている為、真面目な性格で悪を憎む女の子。でも血は争えずムッツリ系のスケベ。ホストやオナニーにはまるタイプ。左腕にはハンドガンを装着し、腰には母親の剣を携えている。

手配書の悪人(ターゲット)

【サムマサム】
女のスキを見つけたらすかさず犯すレイプ魔。
【マークレッド】
イラマチオ専門のレイプ魔。
【ブラッドブラッド】
幅広い年齢層をレイプしまくる非道集団のリーダー。
【グリーンリーフ】
地球環境に優しい商品を無理やり買わせる押し売り。現在消息不明。
【ブルールーベン】
内向的だった性格とその容姿のせいで、女に敬遠され続けた男。
【トランクステディ】
イエローパンツ兄弟の弟。
【ブリーフボブ】
イエローパンツ兄弟の兄。
【クイックダーク】
 早撃ちが得意の凄腕の殺し屋。
【ピンクジジイ】
小さい頃から強姦の罪を重ねており、年老いた現在も下半身は現役の極悪人。
【ピンクダディ】
銃で初めて殺人を犯した男。”豪快ピンクダディ”と呼ばれ恐れられている。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

賞金首を1人捕まえたところまでプレイしました。

<このゲームについて>

純朴な賞金稼ぎ娘が賞金首を捕まえていくゲームです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件は不明です。

戦闘はシューティングバトル形式で行われます。剣を装備しても変わりません。攻撃を受ける際にはアニメーションが表示されます。

装備によって立ち絵が変化します。

敵との戦闘

雑魚敵は回復なしで戦えますが、回復無しで戦えるのは2~3人が限度です。

ボス戦は戦闘中の回復なしで勝つのは厳しいかもしれません。戦闘中の回復はXボタンから行えます。

敗北 or 降伏するとHシーンが再生されますが、所持金が0になります。定期的に銀行に預けるようにしましょう。

戦闘画面

戦闘画面

<Hシーンについて>

敗北H、イベントHがメインです。アニメーションが搭載されています。

Hシーン001

Hシーン001

Hシーン002

Hシーン002

Hシーン003

Hシーン003

<総括>

前作「バウンティハンター」ではビッチな変態賞金稼ぎ娘が主人公でしたが、今回はその娘(?)で母親を反面教師とする純朴な賞金稼ぎ娘が主人公です。

戦闘はシューティングバトル形式で行われるのでシューティングゲームが苦手な方は少々苦労するかもしれません。ちなみに管理人はシューティングゲームは苦手な方です。ただし、EASYモードも用意されているので意外とプレイすることは可能かもしれません。

純朴な賞金稼ぎ娘がHな目に遭うシューティングゲームに興味がある方におすすめの作品といえるでしょう。

【公式サイト】

ティー・エンタ・ぴー

【ゲームの入手先】

「DLsite」で「バウンティハンター2」を入手

「DMM」で「バウンティハンター2」を入手

【SSGの入手先】

「バウンティハンター2」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.8b