この記事は約 3 分で読めます ( 約 1413 文字 )

退魔巫女遊戯

【本記事の概要】

本日は「うんこモリモリ丸」様の「退魔巫女遊戯」の製品版をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

人に害を為す魔物がいて、それを退治する退魔士がいる。そんな世界のお話。

■現在日本の地方の小さな町を舞台とした、戦闘中H特化型女主人公18禁RPGです。

自らを正義の退魔士と名乗る、お調子者の退魔士『セツナ』となって、突如、町に復活した魔物と戦っていきます。

■魔物は退魔士の力の源、巫力を奪おうと襲い掛かってくる。

魔物退治には欠かせない退魔士の巫力。しかし魔物は巫力が大好物。退魔士から巫力を奪い取ろうと、魔物はセツナの衣服をはぎ、あらわにされた皮膚、とくに胸や股間の性感帯から巫力を奪おうとします。

■セツナを襲う魔物の様々な攻撃、息つく間もない戦闘H。

魔物はセツナの巫力を奪うため、体に巻きつき、体液を噴きかけ、衣服を引き裂いて、無力化したセツナの体に絡みついてきます。

そして本作では、『それら全てが、戦闘中のセツナの立ち絵に反映されます』

拘束され、体液を浴び、衣服を剥がされ、為すすべなく魔物に絡みつかれるセツナの痴態を見ることが出来ます。

■自由で軽快なゲーム進行

ゲームを開始すれば、すぐにダンジョンで魔物と戦えます。長くてつまらないオープニングイベントなどありません。また、最初のダンジョンさえ攻略してしまえば、その後は、好きな場所に向かうことが出来ます。何処に行くも自由です。

文章スキップ、イベントの高速化、難易度調整、ダンジョンからの脱出など、出来る限り自由で軽快なゲームを目指しました。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

2体目のボスを倒すところまでプレイしました。

<このゲームについて>

退魔巫女「セツナ」を操り、街の問題を次々と解決していくRPGです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューはサイドビューです。ステータスの横に小さな立ち絵があります。衣装が破損したり、拘束されたりといった状態異常によって立ち絵が変化していきます。

特殊なシステムは特にありません。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃で確1~確3です。敵の数が多い時はカウンターを使うと良いでしょう。

ボス敵との戦闘

敵が1体ならスキルを使って攻撃し、(同時に攻撃を仕掛けてくる)敵の数が多い時はカウンターを使うと良いでしょう。

<総括>

基本的には「退魔巫女物語」と似たシステムなのですが、今回は1人で魔物に立ち向かわなければならないので手数不足が否めないものの、そこはカウンターでフォローすればいいと思います。

戦闘面では、ボス戦では戦略性が求められる感じで、手に汗握るバトルが楽しめるでしょう。

ユーザビリティの面では、ダンジョンの構造も割りとわかりやすい構造になっています。また、Hシーンは該当敵に勝利することで回想に登録されるので負けず嫌いでも容易に回収できます。

遊びやすく、面白く、楽しめそうなゲームだと思います。

【公式サイト】

うんこモリモリ丸のBlog

【ゲームの入手先】

「DLsite」で「退魔巫女遊戯」を購入

「DMM」で「退魔巫女遊戯」を購入

【SSGの入手先】

「退魔巫女遊戯」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.02