この記事は約 3 分で読めます ( 約 1257 文字 )

悲虐の姫騎士セルフィ ~闘姫(バトルクイーン)への道~

【記事の概要】

本日は「ティシュトリ屋」様の「悲虐の姫騎士セルフィ ~闘姫への道~」の製品版をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

【ストーリー】

ゼフィス王国に住む王モントゴリアン3世の娘セルフィはなかなか城の外に出してもらえなかった。

姫として過保護に育てられたことの反動で、日々強くなる為に戦闘訓練に精を出していた。強くなれば一人で戦える。そう信じて兵士たちと戦闘訓練をする日々が続いていた。

みなから20歳になれば城から出れるといつも言われ続けていたが、セルフィは城の中を散歩中「闘姫大会」のことについて話を聞いてしまった。

その時セルフィは私が最強の姫騎士だと思った。誰よりも努力をしてきた。誰よりも必死に鍛錬をしてきたと・・。

セルフィは我慢できなくなり城の外へ飛び出してしまう。自らの体が悲虐の恐ろしい運命に導かれているとも知らずに。

【ゲームシステム】

  • アーマーブレイクシステム
    ダメージを受けると姫騎士の服が脱げる。巨乳が露わになり、豊満な肉体がほとばしる。
  • ■闘技場システム
    セルフィは強い相手を求めてコロッセオへ行く。その闘技場はインモラルで恐ろしいルールがあった。
  • ■Hシーン
    異種姦が8割。Hシーンは一部アニメーションを採用。知性の低い化け物や巨人に姫騎士たちの体はおもちゃにされる。無理やり、ねじり込み、己が膣で種を受け入れよ。
  • ■戦闘、仲間、謎解き
    姫騎士の仲間になるキャラは5人。謎解き、闘技場など、姫騎士に襲いかかる卑劣な罠に抗い続ける。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

怪しい男に話しかけられるところまでプレイしました。

<このゲームについて>

姫騎士やお姫様が様々なHな目に遭いながら闘技大会で優勝を目指すゲームです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューは立ち絵付きフロントビューです。HPが減っていくとだんだん衣装が破損し、最終的には全裸になります。

特殊なシステムとしてはTP維持が挙げられます。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃で確1~確3程度です。被ダメは毒のダメージの方が大きいです。また、毒を解除する手段に乏しいので毒は放置しながら進むハメになりがちです。

ボス敵との戦闘

物理相手の場合は回避カウンターで一掃可能です。

<総括>

敵の毒攻撃や毒+麻痺の状態異常を仕掛けてくる敵が鬱陶しい点を除いてはそこまで苦戦する要素はなさそうです。

姫騎士やお姫様がHな目に遭っていくゲームがお好きなあなたにおすすめのゲームです。

【公式サイト】

ティシュトリ屋

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「悲虐の姫騎士セルフィ ~闘姫への道~」を購入

「DMM」で「悲虐の姫騎士セルフィ ~闘姫への道~」を購入

【SSGの入手先】

「悲虐の姫騎士セルフィ ~闘姫への道~」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

最新版