この記事は約 2 分で読めます ( 約 950 文字 )

Angelic Labyrinth 2 ~願いの行方~

【本記事の概要】

本日は「BAROQUPID」様の「Angelic Labyrinth 2 ~願いの行方~」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。 記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

迷宮の奥にいるという、願いを叶える悪魔に会うため迷宮を進んでいくダンジョンRPGです。前作同様、お金とエッチが何よりも好きな鬼畜主人公・レイが、迷宮の中で数々の仲間と出会い、数々の女の子モンスターを倒し、進んでいきます。難易度は少々高めですが、かなりのボリュームになっています。エッチのシチュエーションは、ノーマルなのからマニアックなものまで50シーン以上です。前作をプレイしていなくても楽しめるようになっています。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

B5Fを突破するまでプレイしました。

<このゲームについて>

主人公が出会った女仲間にしつつ、出会った女の子モンスターとSEXしながら迷宮の最下層を目指すゲームです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントです。エンカウント率は普通です。

戦闘ビューはオースドックスなフロントビューです。

特殊なシステムは特にありません。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃で確1~確2程度です。敵の強さは前作よりは易しめになった印象を受けました。暗闇・沈黙・毒の状態異常は戦闘終了後も残るため注意が必要です。

ボス敵との戦闘

スキルを駆使すれば倒せる程度です。

<総括>

戦闘面は前作より簡単になったようですが、ダンジョン探索の面では罠の種類が増えたのと、暗闇・沈黙の状態異常が戦闘終了後も残る点から全体的な難易度はそれほど変わっていない印象を受けました。

鬼畜な主人公と美女と女の子モンスターが織りなす冒険譚に興味がある方にオススメの作品です。

【公式サイト】

BAROQUPID

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「Angelic Labyrinth 2 ~願いの行方~」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.00