この記事は約 3 分で読めます ( 約 1579 文字 )

涙声のギニヨル

【本記事の概要】

本日は、「栗pick」様の「涙声のギニヨル」の予告体験版をプレイしたので紹介し、感想を述べます。 記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

この鉄砂漠の街で、僕の倒すもの、守るもの。

砂漠と鉄錆、そして暴力の黒風の中、小さな恋を紡げるか。.

【ゲーム概要】

鉄砂漠の街エルゲリータを拠点とし、様々なイベントをこなし、ダンジョンを踏破しながらゲームを進めていきます。

ダンジョン内には鉄砂漠の過酷な環境にその身を適応させた「ノナソミィ種」、そして強力なボスが待ち構えています。

ダンジョンに挑むのは主人公の少年と、最愛の幼馴染シュノリージ。

レベルアップ時に付与されるボーナスポイントを振り分けて、2人の能力を成長させましょう。

鉄と錆と暴力の世界の中、最愛の幼馴染を守れるか。全ては主人公の行動次第です。

【ストーリー概要】

ギニヨル。それは人類が産み出した、争いの結晶。自らの手で創り出した、戦う為だけの無思考人形。

彼らの手により、争いは激化し、彼らの手により、世界は荒廃の一途を辿った。

彼らに意思は無い。考える事も無い。只、命令されるままに殺し、奪い、また殺す。

その連鎖が争いを呼び、争いが荒廃を生んだ。

戦い、争い、そしてやがて疲弊した人類が選んだ最善とも言える選択は争いの根源たるギニヨルを、一体残らず封じ、破棄してしまう事だった。

やがて地上を埋め尽くしていた多数のギニヨルは、次々にその姿を消してゆく。

しかし争いの根源を断つ事に成功した人類が失ったものもまた、小さくはなかった。

地上からギニヨルが消えた頃。眼を見開いた人類の前には……広大な鉄と錆の荒野が広がっていた。

見渡す限りの、砂と鉄錆の荒野。

この時代、人々は点在する僅かな資源の元に集い、その暮らしを営んでいた。

彼らは過酷な自然環境に適応する為に、その身を進化させた異形生物『ノナソミィ種』の脅威に脅えながらも、それぞれに夜警国家を形成、これに対峙し生きていた。

鉄砂漠の街エルゲリータ。

ここにも人々が集うコミューンがあった。周囲を砂と鉄錆とに囲まれながらも、人々は互いに協力し合い日々を生き抜いてゆく。

少年は……この街に生きていた。

【ご注意】

  • CG、シナリオ、演出等は本編発表時変更になる場合があります。
  • 体験版の内容を本編へ引き継ぐ事は出来ません。
  • 個人製作の為、予期せぬバグが発生する恐れがあります。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

一騎打ちのイベントが終了するところまでプレイしました。

<このゲームについて>

虐げられている現実から逸脱するためにもがくという感じのゲームです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューはオーソドックスなのフロントビューです。

特殊なシステムはTP維持が挙げられます。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵の強さは大体確1~確2程度で倒せます。回復アイテムは多少は用意していたほうがいいですがダンジョン内で拾える程度で十分な程度ですボス前には回復スポットがあるので活用しましょう。

ボス敵との戦闘

バフを2段階かけた後スキルを適当に使えば倒せます。バフはTPを50消費するのでボス戦前にTPを100にしておきましょう。

<総括>

前作「ナナハよ。」と比べて戦闘難易度は易しめです。

ダンジョンは基本一本道なので迷うことはなさそうです。

好意を抱いている女性が様々なHな目に遭う「寝取られ」が好きな方にお勧めのゲームです。

【公式サイト】

栗pick

【ゲームの購入先】

【SSGの入手先】

「涙声のギニヨル」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.04