この記事は約 3 分で読めます ( 約 1331 文字 )

Dungeon of Retina

【本記事の概要】

本記事では、「あさきゆめみし」様の「Dungeon of Retina」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

【あらすじ】

アークライト王国第三王女、レティーナ……彼女は王女でありながら騎士でもあった。先日、騎士叙勲を受けて昔から憧れの騎士となった彼女の初任務……それは近隣の村々を襲う山賊の討伐だった。

「初めての実戦……少し恐怖はありますが、騎士として、王女として、恥ずかしくない働きをしなければ…」

その思いと共に王女は初の実戦、山賊討伐に赴くのだった………。

【ゲームシステム】

今作ではスタンダードなコマンド式ターン制バトルとなります。

  • アーマーブレイクシステム
    戦闘中に『アーマブレイク』と呼ばれる攻撃を仕掛けてくる敵がいますが、この攻撃を受けると、どんどん衣装が破れていきます。また、特定条件下で全裸で洞窟内を探索することができるようになります。
  • 衣装・髪型変更システム
    衣装や髪型の変更が可能です。衣装には『アーマーブレイク』での衣装差分があります。
  • 売春システム
    娼館や個人で売春が出来ます。お金を儲けて下さい。
  • Hシーン
    主に陵辱シーンと売春シーンがメインです。主人公のエッチシーンには現在の髪型が反映されます!!

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

体験版の限界までプレイしました。

<戦闘について>

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。背後から接触すると取れます。背後から接触されると不意をつかれます。

戦闘ビューは立ち絵付きフロントビューです。アーマーブレイクシステムが導入されており、アーマーブレイク攻撃を受けるたびに服が破れていきます。最終的には全裸の直前で止まります。裁縫セットがあれば自動で服が元通りになりますが、なければ体験版の範囲では敗北扱いになりゲームオーバーになります。また、一部のボス戦の場合裁縫セットがあっても敗北扱いになり、ゲームオーバーになります。雑魚戦では敗北Hはありませんが、ボス戦では敗北Hがあるようです。よって、ボス戦では1度は負けてみるといいかもしれません。

雑魚敵との戦闘は1体あたり通常攻撃で確1~確2程度の強さです。こちらの被害も多少は大きいので回復アイテムが少ないうちは無理して戦わないほうがいいでしょう。レベル上げをするなら、道中にいくつか回復スポットがあるので、その周辺で行うとよいでしょう。

ボス戦は各種回復アイテムがない状態で挑むのは自滅に等しいレベルです。特に、裁縫セットがなければ即敗北も確定するレベルのボスもいます。ボス戦中はHPと服装には常に気を配りましょう

<総括>

アーマーブレイクシステムが導入されていて、それが敗北条件に関わるシステムは珍しい部類だと思いました。ボス戦も持てるスキルをフル活用しないと勝てないレベルなので戦略性を求められ、手応えのあるゲームだと思います。なかなか面白そうな作品だと思いました。

【公式サイト】

あさきゆめみしのBlog

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「Dungeon of Retina」を購入

【SSGの入手先】

「Dungeon of Retina」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.09a