この記事は約 4 分で読めます ( 約 1851 文字 )

rj161447_img_main

【本記事の概要】

本記事では、「あさきゆめみし」様の「Ordeal of Princess Eris」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

【あらすじ】

大陸西に位置するヒルベルニア王国……彼の国は今、滅亡の危機に瀕していた。不可侵条約を破り東のフロセイン帝国が奇襲を仕掛けてきたのだ。混乱する城内からなんとか脱出に成功した王女エリスは、自分の生まれた国ヒルべルニアをの奪還を誓う。

「わたしの育った国を……必ず取り戻してみせる!」

燃え落ちる王城を背に、彼女は自分に誓うのだった………。

【ゲーム内容】

ヒルベルニア王国の王女エリスが帝国によって占領された自国を取り戻すために色々やって、色々犯られちゃう成人向けRPGゲームです。気丈な王女を演じるもよし、身体で籠絡するもよし……彼女がどのような手段で国を取り戻すかはあなた次第です。

※Hシーンは主に敗北陵辱が多めとなっております。

【ゲームシステム】

  • アーマーブレイク
    今作ではアーマーブレイクシステムを採用しております。特定の敵が使用してくる『アーマーブレイク』『とかす』などの攻撃を受けると、徐々に装備衣装が破れていきます。また、一定条件下で全裸で移動できるようになります(体験版範囲では利用できません)
  • 技閃きシステム
    今作では敵を攻撃すると一定確率で強力なスキルを修得することができます。強敵と戦っている最中に強力な技を閃いて一気に形勢逆転!!……というような場面もあるかもしれません、強力な技を閃くことが勝利への鍵となります。
  • リアルタイム能力アップ
    今作ではレベルの概念がなく、敵を攻撃する等の行動によって戦闘中にHP等の能力が上昇します。強敵と戦えばステータスの上昇も起こりやすいので、勝てそうにない敵でも粘っているうちに対等に戦うことができるようになる!!……というような場面もあるかもしれません、もちろん上昇した能力値は戦闘終了後も継続されます。
  • 売春システム
    今作でも売春要素があります、お金が足りない時などに利用してください。(体験版範囲では利用できません) 

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

体験版の限界までプレイしました。具体的にはお金を取り戻すか否かというところまでです。難易度はイージーでプレイしました。製品版購入後は未プレイです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。敵シンボル復活の条件はマップ移動です。

戦闘ビューは立ち絵付きフロントビューです。敵の特殊な技を受けると女性キャラの装甲が徐々に崩れていくタイプのアーマーブレイクシステムが導入されています。3回目の攻撃を受けると全裸になります。

今作ではレベルの概念がありません。スキルは戦闘中に突然ひらめきます。また、ステータスは突然上昇したりします。どのようにステータスが上昇し、どのようなスキルを覚えるのかはほとんど運です。近いシステムのゲームとしては一般向けではありますが「帽子世界」があげられるでしょう。

雑魚敵について

睡眠 or 麻痺+毒という状態異常ハメにさえかからなければ雑魚敵は通常攻撃のみであしらえます。また、HPは戦闘終了後自動で全回復するので回復アイテムを使うのは戦闘中のみになりそうです。

ボスについて

ボス戦イベントが始まるとお金を取り戻すか否かの選択肢が表示されます。選択肢は3つあります。

  • 「見逃す」
  • 「お金さえ返してもらえば問題ない」
  • 「窃盗は許さない」

「窃盗は許さない」を選ぶとボス戦に突入します。適当にスキルを使うだけであっさりと倒せました。

「お金さえ返してもらえば問題ない」を選ぶとお金を返してもらってそれで終了です。

「見逃す」を選ぶとお金が返ってこない代わりに女の子が仲間になります。

どれを選ぶかは貴方の自由です。

<総括>

物語の冒頭からしてこのゲームは前作「Dungeon of Retina」の続編と思われます。前作の主人公の「レティーナ」も登場しますので、前作をプレイした後にこの作品をプレイするとより楽しめると思います。前作や「帽子世界」を楽しめた方は楽しめる作品だと思います。全体的になかなか面白そうな作品だと思いました。

【公式サイト】

あさきゆめみしのBlog

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「Ordeal of Princess Eris」を購入

【SSGの入手先】

「Ordeal of Princess Eris」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.06