この記事は約 4 分で読めます ( 約 2189 文字 )

陵輪学園 ~狙われた風紀委員 七海 葵~【ADV版セット】

【本記事の概要】

本記事では、「ぽいずん」様の「陵輪学園 ~狙われた風紀委員 七海葵~」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

■概要■

ぽいずんが放つエロRPGシリーズ第5弾!純度100%の現代モノ学園RPGが作りたい。そんな想いから制作された同人界初の純現代学園RPGです。お使い系のRPGで、RPG部分は簡素な作りになっています。どちらかと言うとヒロインが陵辱される様を楽しむADVぽい作りになっています。

■ストーリー■

都会の片隅に建てられた『私立陵輪学園』

「生徒達の主体性を育て心身共に強い人間性を育む」

をモットーに創設された陵輪学園は、その運営の大半を生徒会を中心とした生徒達に一任していた。そんな学園で、ひょんな事から風紀委員に推薦された七海葵は学園内で起こる様々な問題を解決していく事になるのであった。

■ゲームシステム■

全6章で構成されるAVD+RPG形式で進行する学園RPGです。主人公は持ち込まれる様々な問題を解決して行くことで、次の章へと進む事が出来ます。 基本的な進行手順は、探索→鍛練→戦闘となります。

<

ul class=”ul-02-main mb1″>

  • 探索パート
    探索パートでは聞き込みを行ったり、有効なアイテムを探したりなど問題児との戦いに備えて準備を行うパートです。この間にはエンカウントは無く、通常RPGの町中探索のような位置づけになります。
  • 鍛練パート
    通常RPGで言うレベル上げパートになります。陵輪学園では無制限にひたすら雑魚敵を倒すわけではなく、一定の時間内にどれだけの敵を倒したかによって、Lvが1~最大10まで上がります。時間制限と目標がある事で、単なる作業でしかなかった雑魚戦をよりメリハリのあるものにしています。鍛練パートは各章で1回だけ挑む事が出来ます。またレベルは各章のスタート時にリセットさせる為、レベル差が開き過ぎて攻略困難になる事もありません。
  • 戦闘パート
    各章のボスとなる問題児との戦闘になります。様々な特徴を持った問題児達を、探索パートで得た情報を元に推測し、有効なアイテムや装備、ステータスの任意割り振りを駆使して倒して行きます。
    例:攻撃力の高いボス→防御力を多めに割り振り対応する
    防御力の高いボス→攻撃力を多めに割り振り対応する
  • 連鎖系イベントとその回避
    陵輪学園のHイベントは全て章を跨いで連鎖していきます。例えば1章で敗北しイベントが発生すると、2章ではそれをネタに脅迫され更なる要求をされてどんどんエスカレートしていきます。要求を飲み続けると最終的にはバッドエンドへと進んでしまいますので各イベントには回避する為の方法が用意されています(一部例外アリ)あえて連鎖させてバッドエンドを楽しむも良し、回避させてエンディングを目指すも良し、全てはプレイヤーの意思1つです。
  • エンディングは全4種類
    主人公の風紀委員としての貢献度に応じて、エンディングは4つに分岐します。問題児達に負け続け、あまり問題が解決出来なければ主人公の風紀委員としての評判は下がり悲惨な結末が???
  • その他の機能
      主人公ボイスのON・OFF可能(ゲーム開始時に設定)
    • 補助ナビゲートのON・OFF可能(ゲーム開始時に設定)
    • CG・回想モード有り
    • CG枚数30枚(差分含まず)
  • 【プレイした雑感】

    <プレイした範囲>

    CGコンプまでプレイしました。

    <ゲームの流れ>

    ゲームの流れは、紹介文にもある通り、探索→鍛錬→ボス戦です。

    <探索パート>

    探索する際は、校舎内をくまなく探索しましょう。勝つために必要なアイテムが隠されています。

    ただし、アイテムを持っていない事ことが条件のイベント分岐も発生します。もちろんバッドルート行きのイベントですが。

    <鍛錬パート>

    鍛錬によってレベル上げはできますが、基本ステータスはほどんど変わりません。よって、パラメーターの振り分けが非常に重要になってきます。

    <ボス戦>

    ボス戦に勝利するとクリアルート、敗北するとバッドルートに突入します。もちろん敗北後即陵辱されます。

    <バッドルート突入後>

    バッドルートに入っても、一部を除いて何度かリベンジするチャンスはあります。リベンジせずに敵の要求を飲み続けると、バッドエンドになります。無視するという選択肢も一応あります。評判は下がりますが。

    <エンディング>

    エンディングは、各章のバッドルートエンドの6つ、とあるイベントのバッドルートエンドが1つ、クリア時の評判によって分岐するエンディングが4つあります。CGフルコンプするには、最低でも5周はする必要がありそうです。プレイ時間はそんなにかからなかったと思います。

    <付録のADV版について>

    ADV版はただひたすら選択肢を選択し続ける仕様になっており、戦闘も3つの選択肢から選ぶ仕様になっています。

    <総括>

    筆者の環境だとADV版は立ち上がりに時間がかかるのが難点ですが、RPG版もADV版もどちらも全体的に面白い作品だと思いました。

    【公式サイト】

    サークルぽいずん

    【ゲームの購入先】

    「DLsite」で「陵輪学園 ~狙われた風紀委員 七海葵~」を購入

    「DMM」で「陵輪学園 ~狙われた風紀委員 七海葵~」を購入

    【SSGの入手先】

    「陵輪学園 ~狙われた風紀委員 七海葵~」のSSGをダウンロード

    【対応バージョン】

    最新版