この記事は約 3 分で読めます ( 約 1305 文字 )

person of courage

【本記事の概要】

本記事では、「ぽいずん」様の「Person of Courage」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

■概要■

女騎士やゴスロリ魔法使いや巫女さんなどが、触手やら人間やらに陵辱されたりしちゃうRPGです。

■ストーリー■

かつては魔王が現れると勇者が現れて平和な世界が訪れる。そんな在り来たりな物語の世界でした。しかし、ある時代を境に魔王が現れても勇者が現れなくなってしまった。そんな世界で人々は、勇者に頼らず魔王を封印する術を編み出した。力を封印されてしまった魔王、そんな魔王の物語です。

■こだわり■

  • こだわりのバランス調整
    『LV上げとか面倒』『装備揃えるのにお金稼ぎが面倒』そんな人にも安心です。通常ストーリーを進めていれば、クリアに必要なLvやお金は最低限揃うよう絶妙なバランスになっています。また、エンカウントによる面倒な雑魚戦も、雑魚は雑魚、ボスはボスとメリハリをつけたバランスになっていますので、ストレスなく進行することが出来ます。
  • イベントの数々
    通常ストーリーを進行していれば、大半のイベントは回収出来ますが、陵辱をテーマにしているだけに、時には戦闘で敗北した時のみ見る事が出来るイベントもあるかも?是非探してみてください。(それっぽいフラグがあるので、難なく見つけられると思いますが)
  • 陵辱・輪姦・触手
    三代錆さんによる美麗なグラフィックの数々。今回は凌辱をテーマとしたダークなイベントを中心に、その手のジャンルが好きな人には満足頂けると思います。
  • いつでも回想可能
    通常のゲームのようにタイトル画面からではなく、ゲーム世界に点在する『思い出の館』にて、一度見たイベントはゲーム中に、いつでも回想出来ます。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

何周かエンディングまでプレイしました。CGももちろんコンプしました。

<本作の主人公像>

主人公の元魔王は魔王らしくないというかマトモというかそんな感じで、元魔王の復讐はどこにいった?という具合にストーリを進めると復讐すべき3人娘が次々と仲間になります。

<Hシーンについて>

Hシーンのほとんどは敵勢力の魔物による陵辱です。戦闘で敗北することが条件のHシーンがありますが、正規の(?)ED後にすべて見れるようになります。とはいってもかなり先になるので早く見たいという人はわざと負けることをオススメします。負けようと思えばあっさり止めけることが可能です。

<予想外の展開が・・・>

本当に復讐どこにいった?というゲームですが、3人目の娘が仲間になってある程度ストーリが進むと予想外の展開が待ち受けていました。その展開はぜひ購入して自分の目で確かめてください。

<総括>

快適にテンポよくプレイ出来た作品だと思います。個人的には結構楽しめた作品です。

【公式サイト】

サークルぽいずん

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「Person of Courage」を購入

「DMM」で「Person of Courage」を購入

【SSGの入手先】

「Person of Courage」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

最新版