この記事は約 3 分で読めます ( 約 1379 文字 )

ROBFS4U

【本記事の概要】

本記事では、「アスガル騎士団」様の「ROBFS4U」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

<ストーリー>

大陸辺境の地…コモド地方…ここは霧の発生当初こそ影響を免れた平和な地であったが、次第に瘴気の影響に見舞われ、新種のモンスターによる被害は広がりを見せていた。

「行方不明になった師匠の情報を得るため」

と言い、大陸首都に向かう友人(ノービス)を見送った詩人と踊り子は、帰路の海辺にて1人の青年を救助した。

「自分の名前以外何も憶えていない、思い出せない……」

そんな青年に対して詩人と踊り子の2人は友として接し…青年もまた、そんな2人に恩を感じながら友として振舞った。

3人は、コモドの街で穏やかな時間を過ごしていた。例年行われているという、精霊祭りの巫女が選定される──その時まで。

<概要>

ゲーム性も追求した、ラグナ○クオンラインの世界観をパロディにしたRPG。戦闘は「先にイッた方が負け」というセックスバトル方式になります。

今作では前回のアンケートで票数の多かったエリアを優先的に実装し参戦要望が高かったキャラクターなども登場させております

※また、R○の知識はなくてもプレイには支障はありません

<システム>

基本的な部分は前作と変わらず…しかし、今回は対戦相手全員をオナペットや愛人にする事が可能です!

新システムとしてパートナーとして愛人や捕まえたモンスターを同行させる事ができ、彼女らはアシストスキルを使用する事で戦闘中にプレイヤーを助けてくれます。

脱衣システムなども健在、さらに今回はアニメーション部分にも力を入れ、前作の倍以上に動いております。

<その他>

  • 登場敵キャラ数 基本33体(色違いや派生キャラ含めると合計45体前後)
  • 一度見たHシーンは、ストーリーが進むと回想モードにて呼び出しが可能
  • 戦闘高速化、断面図OFFなどの機能も搭載
  • RPGが苦手な人の為に経験値2倍システム搭載
  • モンスターによる暴力的シーンや捕食などのグロテスクなシーンは一切ありません

☆ストーリーの分岐はありますが、Hシーンの取り逃がしは回収可能!初回でフルコンプ出来ます

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

認証システムのあたりまでプレイしました。

<基本システムについて>

雑魚敵の強さも戦闘システムもほとんど前作と同じです。また、敗北すると専用のHシーンに突入するのも同じです。

<前作と異なる点>

異なる点は援護システムが採用された点です。装備の「SUPPORT」欄に援護キャラをセットすることで、援護キャラが所持しているスキルを使用できます。

また、グラフックや登場モンスターは多少異なっていたりします。

<おまけ「ROBFS3U」について>

「ROBFS4U」の終了時から次回作である「ROBFEOY」の間の一幕について描かれた作品です。「ROBFS4U」を購入して「ROBFEOY」も購入予定の方はぜひプレイしましょう。

<総括>

基本は前作と同じなので、前作が楽しめた方は今作も楽しめると思います。なかなか面白そうな作品だと思いました。

【公式サイト】

アスガル騎士団

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「ROBFS4U」を購入

「DMM」で「ROBFS4U」を購入

【SSGの入手先】

ROBFS4U

「ROBFS4U」のSSG

「ROBFS4U」のSSGです。
ゲーム本体は含みません。

Version: 1.2

ROBFS3U

「ROBFS3U」のSSG

「ROBFS3U」のSSGです。
ゲーム本体は含みません。

Version: 1.2

【対応バージョン】

1.2